中国語会話メディア

中国語で会話するためのメディア

オンライン中国語を始める前に知っておきたい7つの特徴

ここでは、はじめてオンライン中国語を利用しようとお考えの皆様に、オンライン中国語サービスの一般的な特徴についてご紹介します。

f:id:rungar:20191026121413p:plain

現在、日本には数多くのオンライン中国語サービスが存在しており、各社によってもサービスの特徴も異なりますが、一般的に多くのオンライン中国語は下記7つの特徴が当てはまります。

  • 講師は中国語ネイティブ
  • レッスンはSkypeを利用
  • レッスンはマンツーマンが基本
  • 授業時間は25分
  • 講師は毎回自分で予約
  • 毎日レッスンで月額5,000円程度が相場
  • はじめに無料体験レッスンが受けられる

それぞれのポイントについて詳しくご説明します。

講師は中国語ネイティブ

オンライン中国語の講師はネイティブであることが一般的です。オンライン英会話では非ネイティブのフィリピン人講師が中心ですが、中国語はネイティブ講師です。

講師の出身地によってはローカル訛りを感じることもありますが、発音は基本的には普通語を話す講師ですので問題ありません。基本的にオンライン中国語の講師は採用の段階で発音や中国語力の基準をしっかりクリアしているため、この点で躊躇する必要はありません。

日本人の中国語学習者の中には、講師の訛りを気にする方もいらっしゃいますが、むしろ中国に行けば全国各地の訛りを持った中国人が沢山いますので、多様なバックグラウンドを持った講師と中国語の練習ができるほうが魅力的だとも言えます。また、個人差もありますが概して北方や内陸の人は常にフレンドリーなので、恥じらいなく中国語のレッスンができる点も魅力です。

 

レッスンはSkypeかWechat(微信)を利用

オンライン中国語のレッスンでは、一般的に無料ネット通話サービスの「Skypeスカイプ)」が利用されています。Skypeでは無料でビデオ通話、チャット、ファイル送信などが簡単にできるため、中国語のレッスンには最適です。講師が中国在住の場合、日中間のネット・通信環境の影響でまれにビデオや音声が乱れることもありますが、掛け直したりwifiではなく4Gを使うなどすれば、基本的に問題なくレッスンを受けることが可能です。

また、日本でいうLINEにあたるコミュニケーションアプリであるWeChat(微信)も多くのオンライン中国語で使われています。中国のアプリなので、基本的にSkypeよりも通信がスムーズで、インターフェイスもシンプルなので使いやすいです。しかし、最近新しいアカウントを作成するのに制限がかかっているため、アカウントを持つことが難しくなっています。

なお、レッスン時はビデオをつけるのが一般的ですが、こちら側が姿を見られたくなければ、ビデオはオフにしたまま音声のみでレッスンを受けることも可能ですので心配ありません。悪天候などで通信環境がよくないときは、通信をスムーズにするためにビデオはオフにしてレッスンを行うこともよくあります。

レッスンはマンツーマンが基本

オンライン中国語のレッスンはマンツーマンが基本です。通学の中国語スクールの場合、マンツーマンレッスンだとグループレッスンより大きく価格が上がるため躊躇してしまいがちですが、オンライン中国語ではとてもリーズナブルな価格でマンツーマンのレッスンを受けられます。マンツーマンの場合はとにかくスピーキングの量が担保できますし、講師との信頼関係も構築しやすく、より学習効果が高まります。

授業時間は25分

オンライン中国語の一般的なレッスン単位は「1コマ25分」です。25分はあっという間ですが、集中力の維持や継続的な受講を考えると、ちょうど最適な時間なのではないかと思います。ただし、より長時間まとめてレッスンを受けたいという方は、サービスやプランによって2コマや3コマ連続で予約するといったことも可能です。また、1日あたりのレッスン回数が無制限のサービスなどもありますので、このあたりは各社のサービス・プランをしっかりと確認して自分の学習スタイルに合ったオンライン中国語サービスを選びましょう。

講師は毎回自分で予約

オンライン中国語では、レッスン毎に講師を毎回自分で予約する方法が一般的です。講師のプロフィールやスケジュールを確認しながら、自分の都合と合う先生を見つけて予約します。予約制のため、どうしても人気の講師は早く埋まってしまう傾向がありますので、なるべく早いタイミングで予約をすることが、継続的にレベルの高い講師のレッスンを受ける上でのコツとなります。

また、講師の選択は自由ですので、気に入った講師がいれば毎回同じ講師を予約するのもよいですし、あえて毎回違う講師を予約することで様々なタイプや癖を持った講師の中国語に触れ、コミュニケーションスキルを身につけるというのもおすすめです。

講師にはやはり相性というものがありますので、最初のうちは5~10名程度、違う講師のレッスンを受けてみて、その中で気に入った講師を選ぶというスタイルがおすすめです。また、ずっと同じ講師のレッスンを受けているとお互いに馴れ合いが生じてしまうため、定期的に新しい講師のレッスンを受けることも大事です。

オンライン中国語の成果はサービス提供会社以上に講師によって左右されることも多いため、ぜひ相性がよい講師が見つかるまで妥協せずにレッスンを受け続けるようにしましょう。

毎日レッスンで月額8,000円程度が相場

オンライン中国語が広く普及した一番の理由は、なんといっても価格面における優位性です。オンライン中国語の料金体系は各社によって異なりますが、毎日1コマ25分のレッスンを受けても月額8,000円程度というのが相場です。

通常の中国語スクールの場合は50分のマンツーマンレッスン1回で4,000円~8,000円程度が相場となりますので、中国語スクールと比較すると遥かにリーズナブルな価格でレッスンを受けられることが分かります。

ここまで低価格でレッスンが受けられる理由の一つは、多くのオンライン中国語サービスが中国現地の中国人講師を採用しているからです。経済成長著しい中国ですが、いまでも平均的には日本との経済環境に差があるため、中国人講師にとっては魅力的な給料であっても日本人受講生にとってはリーズナブルな価格という構図が成り立つのです。

そのため、「価格が安い」=「通学スクールよりレッスン品質が低い」というわけではないことを頭に入れておきましょう。むしろ、情熱ある中国人講師は日本の中国語スクールで働いているネイティブ講師よりも指導力人間性に優れた方も多く、価格以上のサービスを受けられるでしょう。

昨今では中国の経済成長が著しく人件費も上昇傾向にあるため、今後もどこまでこの価格レベルが維持できるかは分かりませんが、少なくとも現状においては価格という意味ではオンライン中国語が最もリーズナブルな中国語学習法だと言えます。

はじめに無料体験レッスンが受けられる

どのオンライン中国語サービスも、最初に無料で体験レッスンを受けることができます。また、オンライン中国語の場合は無料体験レッスン回数が2回受けられることが一般的ですので、入会前に複数の講師のレッスンを試すことができます。

Skypeを使って初めてのオンライン中国語ともなれば緊張する方もいらっしゃるかと思いますが、多くの会社では無料体験レッスン用の教材を用意してくれており、講師も優しくナビゲートしてくれますので心配する必要はありません。

オンライン中国語サービス各社の無料体験レッスンを比較も兼ねて受けてみれば、10~20回程度のレッスンを無料で受けることも可能です。はじめの一歩を踏み出せば、すぐにオンライン中国語の良さを実感することができるはずです。無料でレッスンが受けられるので、トライしない手はありません。ぜひ申し込んでみましょう。

まとめ

いかがでしょうか?少しオンライン中国語で学習するイメージがついたのではないでしょうか?今では、中国語学習者の多くがオンライン中国語を活用して自宅で中国語学習の時間を確保しています。スクールや書籍などと併用してオンライン中国語を利用している方も非常に多く、その活用法や利用頻度も様々です。ぜひオンライン中国語を上手に活用して短期間で効率よく中国語力を伸ばしましょう。