中国語会話メディア

中国語で会話するためのメディア

はじめての中国語スクール!通学の手引き

この記事では、初めて中国語スクールへ通学を検討している方のために、中国語スクールについての情報を整理しています。

f:id:rungar:20191021161609j:plain

中国語を始めようと考えた場合、多くの方はまず中国語スクールへ通うことを考えるのではないでしょうか。最近では、中国語学習者のニーズも多様化しており、民間の中国語スクールもそれに応じて様々なプログラムを提供しているようです。是非、こちらの情報を参考にして、沢山ある中国語スクールの中からご自身に合ったスクールを見つけてください。

中国語スクールは、中国語を学ぶ日本人にとって最も一般的な学習手段の一つでしょう。最近ではオンライン中国語(会話)や中国語学習アプリなど、新しくリーズナブルな学習手段が増えています。中国人にとって日本は近く、住みやすい環境でもあり多くの中国人先生が日本にいます。

中国語スクールに通学するメリット

中国語スクールへの通学には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは代表的なメリットをご紹介します。

1. 学習リズムとやってる感で、継続しやすい

中国語スクールに通学する場合、レッスンの曜日と時間帯を固定する形式が一般的のようです。そのため、毎回自分でレッスンを予約する必要があるオンライン英会話や自宅学習よりも学習リズムを作りやすく、実際に学校に通学し先生や仲間と会うと「中国語を学習している」モードにも入りやすいので、継続しやすいというメリットがあります。

2. 中国語学習の仲間ができる

中国語スクールに通学する何よりのメリットは、ともに中国語学習に励む仲間ができるという点ではないかと思います。こうした「出会い」は、自宅にこもって一人でレッスンを受けるオンライン中国語会話やアプリの学習では決して得られない貴重な財産となります。共に頑張る仲間の存在は学習継続のモチベーションにもなると第二言語習得研究の結果でも言われています。

3. ネイティブ講師と直接話すことができる

中国語スクールでは中国大陸や台湾などのネイティブ講師がレッスンを行うのが一般的です。ネイティブから直接中国語を教わることができるので、留学は難しいけれどもネイティブから発音や表現をしっかり学びたいという方にとっては中国語スクールがおすすめです。

4. 講師の指導力が高い

中国語スクールの講師は、オンライン中国語の講師と比較すると総じて講師の指導力が高い傾向にあります。オンライン中国語の場合は学生等がアルバイト感覚で講師をしているケースもありますが、中国語スクールの講師は一定の採用スクリーニングを経たうえで、講師としての教育・研修プログラムを受けている方がメインとなるため、安心してレッスンを受けられます。また、当たり前ですが中国語スクールのネイティブ講師は日本に住んでいますので、私たちと共通の感覚を持っているという点も大きいでしょう。ただし、講師の質はスクールや校舎によってもばらつきがありますので、まずは体験レッスンを受けてみてから判断することが重要です。

5. しっかりダメ出し(フィードバック)をしてもらえる

中国語スクールでは、受講生の中国語を引き上げるために、しっかりとダメ出しやフィードバックをしてくれるシステムが整っています。ネイティブと会話するだけであればわざわざスクールに通学しなくても中国語カフェやサークルに通うなど様々なチャンスがありますが、ネイティブが自分の中国語を正してくれるという環境は中国語スクールにしかありません。

6. 体系的なカリキュラムに基づいて英語を学べる

中国語スクールは一般的にどこもレベル別、目的別のカリキュラムやコースが非常に充実しており、体系的に中国語を学ぶことができる環境が整っています。中国語を効率的に学ぶためには自分に合ったカリキュラムを選択し、それをしっかりとこなしていくことがとても大事ですが、中国語会話スクールに通学すれば既に用意されている完成度の高いカリキュラムに沿って学習を進められる点が魅力です。

7. カウンセラーに学習相談ができる

中国語スクールでは、講師以外にも校舎ごとに専任のカウンセラーに英語学習に関する相談をすることが可能です。講師やレッスンに対する要望やフィードバックはもちろん、おすすめの教材や自宅学習の進め方にいたるまで、受講生の中国語学習をしっかりサポートしてくれるカウンセラーがいるため、学習方法に対する迷いがなくなり、自信を持って中国語に取り組むことができます。

f:id:rungar:20191021161615j:plain

中国語スクールのタイプ

日本にはチェーン展開している大手の中国語スクールから中国語の達人が個人がやっている小規模な教室にいたるまで様々なタイプのスクールがあり、それぞれ特徴や強み異なります。どんなタイプのスクールが合うかは性格や中国語を学ぶ目的、目標などによっても異なりますので、継続して通学して成果を上げるためには自分に合ったタイプのスクールを選択することが重要です。ここでは、代表的な中国語スクールのタイプについてご紹介します。

大手中国語スクールチェーン

中国語スクールへの通学を検討する際に、真っ先に思い浮かぶのがチェーン展開している大手の英会話スクールだと思います。GoogleやYahooで検索して上位に出てくるものや、駅前などでよく看板を目にするようなものです。

大手の場合はカリキュラムやコース、教材も充実しており、フォロー体制もしっかりしているので初心者の方でも安心です。また、一度入会すれば複数の校舎を併用することもできるといったメリットもあります。ただ、大手でもスクールによってカラーや特徴は大きく異なりますので、入会する前に必ず複数のスクールの無料体験レッスンを受けてみて、雰囲気の違いを肌で感じることが大切です。

コーチング式スクール(パーソナルトレーニング

最近、英会話で急速に人気を高めているコーチング式の中国語スクールです。コーチング式とは、受講生一人一人に専属のコーチ(パーソナルトレーナーコンサルタントと呼ばれることもあります)がつき、レッスン以外の時間も含めて毎日の中国語学習計画を徹底的に管理してもらうことで、4ヶ月〜1年程度の短期間で集中的に中国語力をつけるプログラムのことを指します。

いわば、パーソナルトレーニングジムの中国語版といったイメージです。多少お金をかけてでも一気に中国語力を上げたいビジネスマンを中心に人気があります。パーソナルコーチ式の場合はスクールによって学習メソッドやスタイルが大きく異なるので、まずは無料カウンセリングを受講してみて各社をしっかりと比較するところからはじめましょう。

文化交流機関

日本には、海外の国と接点を持つ公的な国際文化交流機関が運営している中国語プログラムもあります。これらの機関は企業ではありませんが、中国語教育に長年取り組んでいることもあり、コースやカリキュラム、教材などが充実しています。

専門学校・大学関連スクール

日本には、海外にある大学が日本に附属校を設立し、そのプログラムの一つとして中国語学習プログラムを提供しているケースもあります。運営母体は企業ではなく教育機関である大学となりますので、アカデミックなプログラムや、より社会人向けのよりプロフェッショナルなプログラムが充実しています。

語学の達人系(日本人の先生)中国語教室

中国語検定1級やTECCほぼ満点等、自らネイティブ並みの高度な中国語力を身に着けた中国語の達人が開催している教室です。

カリスマ(ネイティブ先生)の中国語教室

日本で暮らす熱心なネイティブの中国語の先生が個人や少人数で運営している中国語教室もあります。こうした小規模な教室はアットホームな雰囲気が魅力で、講師と受講生の距離が近く、受講生同士も仲良くなりやすいという特徴があります。自宅や職場の近くにこうしたスクールがある場合は、大手チェーンとの比較も兼ねて一度足を運んでみるのもおすすめです。

家庭教師など

個人的な家庭教師という選択もあります。最近では学習者と先生とのマッチングサイトも増えていますが、家庭教師という個人の先生の場合、個人の状況に応じたカスタマイズされたサービスを受けられます。しかし、一方で先生の実力派まちまちですし学習方法が確立していないことも多々ありますので注意が必要です。

いかがでしょうか。中国語スクールといっても多くの種類があります。サポチャイでは、以前、戦略的な学習をするための方法を紹介しました。何か未知の領域で学習を始める場合、目標設定、学習計画、実行という全体像を予め検討しておくことが結果を出す上で重要になります。


STEP1.目標設定

  1. S:具体性   
  2. M:測定可能性 
  3. R:目的関連性 

STEP2.学習計画

  1. 「何を?」は網羅性
  2. 「どのように?どれくらい?」は「技術習得」の観点
  3. 「どれくらいのペースで?」は具体性

STEP3.実行(環境)

(1)分からないときの対策
すぐに先生に聞いたり、簡単に調べられる環境にあるか。
(2)継続する仕組み
  1. 目標設定が適切
  2. 毎回の学習の目的・目標への納得感
  3. 学習内容が負荷の少ない形で提供されている
  4. 成長実感
  5. 仲間の存在
この目標設定、学習計画、実行とい戦略的な枠組みで各スクールのサービスを吟味しましょう。詳しくはこちらの記事をご覧ください。それぞれの特徴を理解し、自分の状況にあったサービスを受けましょう。