中国語会話メディア

中国語で会話するためのメディア

5W1Hを意識した語学〜筑波大学の落合陽一准教授の考えを参考に〜

落合陽一氏が以下のご著書の中で、自動翻訳による多言語対応やコミュニケーションの進化について述べています。

日本再興戦略 (NewsPicks Book)
落合陽一
幻冬舎
2018-01-30



現時点で、自動翻訳は誤訳もありますが、それは、話し手に問題があるケースが大半です。どの単語と、どの単語を組み合わせばうまく翻訳してくれるのかという、文の論理構造や守護術語の対応関係、曖昧な意味でとらえられやすい言葉を押さえていない。つまり、話し手が機械に翻訳されやすい話し方をマスターできていないのです。

書き言葉でも自動翻訳の精度は高いです。論文では、しっかり言葉の意味を定義し、5W1Hも意識しながら書き進めるので、よく推敲された論文は最近の機械翻訳ではおおむね完璧に訳せます。端的には、「誰が、何のために、何をするのか」さえ明確に書けていれば大丈夫です。日本語は主語が抜けがちですが、そういった曖昧な言葉を丁寧に補い、呼応像を意識すれば、マイナー言語でも問題ありません。

誤訳が多いというのは誤りで、誤訳はそもそも、もとの文の構造が間違っていたり、曖昧な単語や文脈に依存する言葉を多用していたりすることが原因なのです。

今後は「訳せない」こととは、考えがまとまっておらず、コミュニケーションが取れないことと同義になるのではないでしょうか。
(113ー115)
外国語を話す場合、一般的には次のような流れで外国語を発話します。
  1. 母国語で何をいうか決定
  2. 外国語に訳す
  3. 外国語を発する
実際にうまく外国語を使える人は母国語を介さずに「いきなり」外国語を発する、と考える立場もありえます。ただし、大人が外国語を学ぶ場合は、まずこの3つの流れで外国語を発するのは間違いありません。いきなり外国語で考えて発話できるようになるのはそれができるようになり慣れてきてからです。
 
多くの外国語学習者は、1に問題があります。
ここが曖昧なのです。これを5w1h、特に「誰が、何のために、何をするのか」を明確にして1を「決定」すれば、2はとてもスムーズに進みます。グーグル翻訳など優れた自動翻訳を使えば無料で翻訳できます(正確な中国語を知りたいのであればネイティブチェックを受けたほうがいいでしょう)。3は別途音読やシャドーイングで鍛えることができます。
 
みなさまも、自分の外国語の表現のストックを増やしていく場合、何を言いたいか明確な日本語をベースに中国語に翻訳し貯めていきましょう。また、実際に会話でもベースの日本語の5W1Hを意識し、考えがまとまっていないことで翻訳がうまくいかないという状況を避けましょう。