中国語会話メディア

中国語で会話するためのメディア

どれがいい?オンライン中国語サービスを4タイプに分類

最近ではオンライン中国語を利用者増加に伴い、日本でも数多くの企業がオンライン中国語市場に参入しており、どんどんとサービスが登場しています。中国語学習者の皆さんのなかには、サービスの数が多すぎて一体どの会社のサービスを利用すればよいかが分からないという方も多いのではないでしょうか?

f:id:rungar:20191025191519p:plain

そこでここでは、少しでも全体像を把握しやすくするために、編集部が独自の視点で数あるオンライン中国語サービスを分類してみました。サービス選びの参考になれば幸いです。

オンライン中国語サービスの4タイプ

数あるオンライン中国語サービスを、その特徴別に分類すると下記のようになります。

  1. 大量供給・リーズナブル系のオンライン中国語
  2. 体系的カリキュラム系のオンライン中国語
  3. 中国語スクール系列のオンライン中国語
  4. 中国語講師のオンラインマッチングプラットフォーム

それぞれについて詳しくご説明していきます。

1.大量供給・リーズナブル系のオンライン中国語

講師の数が多くレッスンが大量にリーズナブルな価格で提供されています。予約が取れないという問題がほとんど生じず、会話量を沢山確保することができます。様々な講師がいるのも楽しみの一つです。

レッスン内容は、市販の教科書を使うかフリートークが基本です。

2.体系的カリキュラム系のオンライン中国語

料金は少し高めですが、独自の教材が充実していて付加価値の高いレッスンを提供しているようです。

 3.中国語スクール系列のオンライン中国語

もともと中国語スクールを全国各地で展開しており、スクール事業で培った中国語教育ノウハウを活かして新たにオンライン中国語サービスの提供を開始した会社も数多くあります。中国語スクール系列の場合、教材やカリキュラムの完成度などが高い点がメリットだと言えますが、反対に価格面では一般的なオンライン中国語サービスと比較して高めに設定されている傾向があります。中国語スクール系列の代表的なオンライン中国語サービスとしては下記が挙げられます。

4.中国語講師のオンラインマッチングプラットフォーム

最近では、自社としてオンライン中国語サービスを提供するのではなく、中国語の講師と生徒をオンラインでマッチングすることに主眼を置いているサービスも出てきています。こうしたマッチングプラットフォームの場合、レッスン価格は講師によっても異なる点が特徴です。代表的なマッチングプラットフォームとしては下記が挙げられます。

まとめ

いかがでしょうか?一言で「オンライン中国語」といっても、実は様々なバックボーンを持つサービスがあることが分かるのではないかと思います。会社によって特徴や長所・短所は異なりますので、ぜひしっかりと比較・検討して、自分に合ったサービスを見つけましょう。