中国語会話メディア

中国語で会話するためのメディア

「中国語」に関する本はどれだけあるか?@早稲田大学の中央図書館

語学といえば、基本は本を読んで学ぶことだと思う。中国語に関する本の売上は、語学ビジネス市場にカウントされているので、著者や編者は語学サービス提供者といってもよい。

文法書を読み、単語を見て覚えるのは基本中の基本。それ以外にも、中国語の歴史や文学との関係、各時代の中国語、各地域の中国語、中国語学習者のエッセイや実体験などなど、いろいろな本がある。正直多すぎてどっから手を付けていいか分からないくなるのは事実。

以下、早稲田大学の中央図書館に収容されている中国語に関する本たち。早稲田の図書館は大学図書館としては日本で最大級の規模を誇る。1882年に設立され、現在では508万の蔵書と4万6000の定期刊行物を保有。

2つの棚に渡り500冊もいかないくらいだろうか。意外に多くない。どういう基準で選ばれているのかわからないが、一般に書店で売られているような本はなく、内容の濃い名著に限られているのだろう。できれば全部に目を通したいと思う。

 15eccae1.jpg



e393c9d7.jpg



6b0a2577.jpg



f5f4e39c.jpg





加油!